大人ニキビの原因は食べ物?睡眠?改善するための良いこと悪いこと!

大人ニキビは、その人の生活習慣を物語っているといっても過言ではありません。もし、大人ニキビが気になるようでしたら、生活習慣を見直すことでかなり改善できる場合もあります。特に、睡眠・食べ物は大人ニキビの原因になっていることが多く、自分自身でもそのことに気付いていいない人が多く見受けられます。良質な睡眠時間の確保が必要なことは、誰もがご存知だとは思いますが、仕事や会社の付き合い、試験・資格の勉強のために、仕方なく睡眠時間を削っている方も多いでしょう。徹夜をした翌日に、なんとなく肌の調子が悪く、ニキビができてしまったと体感的に感じている方もいるかもしれません。このことは昔から言われていることですが、眠る時間が不規則だたり、まとまった睡眠時間を確保できないと、美肌にとって必要な成長ホルモンが分泌されず、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーは肌が新しく生まれ変わるサイクルでもあり、正しく機能していないと、いつまでも古い角質細胞が肌の表面にある状態になってしまいます。このような状況になると、大人ニキビがいつまでも治らなかったり、シミやくすみなどの肌トラブルも改善するまでに時間がかかってしまいます。また、食生活において、食べ物にも気を遣う必要があります。人間は口から摂取する食べ物で作られています。取り入れるものが良質であれば、体内から健康や美しさを維持することができます。特に美肌に欠かせないビタミンA・C・Eやポリフェノールなどの抗酸化力の強い食べ物を取り入れると、美肌に良い効果を期待することができます。大切なのはこれらをバランス良く摂取することなのですが、現代人の食生活でこれらの食べ物をバランス良く摂取することは難しいとされています。甘いものやカフェインを好み、香辛料などの刺激物も世の中には多く出回っており、誘惑に負けてしまう人も少なくありません。こうした食べ物は肌に悪い影響を及ぼすどころか、健康にも影響が出てしまう場合もあるので注意が必要です。特に添加物の多い加工食品などは、大人ニキビを悪化させる原因におなるので、控えめにしておくと良いでしょう。「肌は内臓の鏡」というくらいですから、口から摂取する食べ物は、肌への影響へ直結していることを忘れないようにしましょう。バランス良く食べ物が摂取できない場合には、サプリメントを併用する方も多いです。大人ニキビ対策として簡単に用いられるところが人気のようです。胃や腸などの消化器系が弱っている時にも、大人ニキビはできやすく、肌荒れしがちになります。暴飲暴食は控え、睡眠前のドカ食いなどは内臓に負担をかけ、肌にも悪い影響を与えるため注意しましょう。このように、生活習慣と大人ニキビは密接な関係にあることを忘れてはいけません。大人ニキビが増え始めると洗顔の回数を減らしたり、肌に油分を与えない方が良いのかと自己判断して、洗顔後のケアをしない方が稀にいらっしゃいます。しかし、これらはどちらも逆効果になってしまいます。肌の汚れや皮脂を取り除くために、洗顔は重要ですが、頻度に行うと肌に必要な皮脂も取り過ぎてしまう場合もあります。そして乾燥を招きさらに皮脂が過剰に分泌して悪循環へと陥ってしまうことがあるのです。洗顔後の保湿に関しても同様のことがいえます。洗顔後の保湿ケアは必ず行う必要があるので自己判断は危険です。大人ニキビが気になる場合は、油分の多いクリームを控え、保湿力の高い、セラミドやヒアルロン酸が配合されたスキンケア商品を使用すると良いでしょう。サプリメントとの併用でさらに効果を期待することができます。さらに、赤みのあるニキビへ悪化させてしまった場合や、ニキビ痕ができてしまった場合には、ビタミンC誘導体が含まれたものがおすすめです。赤いニキビは紫外線に当たるとシミになりやすいため、外出時は紫外線対策もしっかりと行う必要があります。大人ニキビを早期に改善したい場合は、これらのどれか一つの方法に拘るのではなく、全て同時にケアしていくことで、結果を早期に得られるでしょう。

CAさんも実践!ニキビ・肌荒れケアに必要なのはコレ!