リーディングの勉強の仕方を間違ってない?!CAも試してる勉強法!

リーディング力を伸ばす度に日々努力されている日本人は、いくつかの誤解をされている方が少なくありません。陥りがちな誤解のパターンとしては、英文を日本語に訳しながら読んでいたり、英文を後ろから戻って訳して理解していることが挙げられます。リーディング力をつけることを、単に日本語に訳すことだと理解している方が多いのです。例えば、TOEICの試験などで時間内ですべての英文を日本語に訳している時間などありませんし、その必要もないのです。まずは英文を日本語に訳すという意識を捨てることが大切です。肝心なのは英文の内容がわかることです。それって日本語に訳すことではないの?と思う方も多いかもしれませんが、これでは処理スピードがかなり遅くなってしまいます。読んだままを理解する訓練を積む必要があるのです。読んだまま、聞いたままに理解していくことがリーディング学習を効率的にすることができるのです。一瞬のうちに理解するなんて不可能と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、トレーニングを積むことで、必ず可能になります。英語は日本語とは違い修飾する語句が後ろに置かれます。そのため、後ろから前に訳して日本語に直す癖がついてしまうのです。このように日本語らしく訳す必要はありません。英文の流れに合わせて左から右に理解していきさえすればいいのです。これを習慣にし、癖付けしていくことでリスニング力も格段にアップするはずです。リスニングにおいても、頭から訳して理解することを心がけることで、理解が早まります。でも、今まで後ろから前に戻って訳る「リーディング勉強の仕方」をしていた人は、突然に変えることは難しいですよね。その際は音読をしながら訳していくとよいです。声に出して音読している間は、後ろから前に戻って日本語に訳すことができないので、自然に英文を左から右に向かって理解しようとします。読みながら訳す訓練をするだけで、日本語に訳すスキマを与えることなく理解しようとするため、学習法としては最適です。英文を勉強する場合は、辞書を引く時間がロスになります。使う教材としては語句注がついているものがおすすめです。辞書を引く時間を節約し、少しでもリーディングの時間に費やしましょう。そして何度も何度の繰り返し同じ英文を音読するようにし、即時理解に努めることで自然に解らなかった単語も覚えていくようになります。リーディング教材には、自分が面白いと感じる教材を選ぶことで、英語の勉強がはかどり、長続きするようになります。毎日少しの時間でも継続して学習するようにしましょう。楽しみながらできる教材なら、英文を理解する際の苦痛やストレスも少しは軽減することができます。最初からあまり難易度の高い内容の教材や、分厚い教材だと気持ちが萎えてしまいます。色んなジャンルにも挑戦し、飽きないように工夫するのも良いでしょう。よく紹介されている英字新聞などを初級者がいきなり挑戦すると時間の無駄になり、挫折の原因になってしまいます。自分のレベルにあった興味が持てるものから、リーディング学習を進めていきましょう。楽しみながら学べる教材としては、スマホアプリ教材に画期的なものが存在します。航空業界を目指すCAは、英語力を磨くために、活用されている方が多いようです。日本人としての和の心を持ち合わせ、古き良き日本人らしいサービスを行いながらも、英語教材には、画期的な教材を選んでいるようです。CAを受験する方と同じ気持ちで、参考にしてみると良いかもしれませんね。

ca toeic 足りない