日本語訛りの英語が「かわいい」を利用して、英語を上達させる方法!

英語を学ぶ者にとっては、ネイティブスピーカーに近づくことが目標の人も多いですよね。でも、初級者のうちから完璧を目指してしまうと英語はなかなか上達することができません。それは、完璧であろうとするがゆえに、なかなか口から言葉が出てこなくなってくるからです。自分の会話文をいちいち添削していては上達するスピードが遅くなってしまいます。聞いている人に「あ、間違ってる」と指摘されたくないがために、英語の上達を自ら妨げているのです。人からの目線を気にしてなかなか英語が上達しない日本人は少なくありません。でも、完璧じゃない日本人訛りの英語をかわいいと思ってもらえてるなら?少し意識が変わりませんか?これは女性・男性問わず言えることです。日本人の顔をして、ネイティブスピーカー並みの会話ができたとしても、「すごいね」で終わるだけです。でも少しくらい間違った英語を使ったり、訛りがあった方が、魅力的に受け取ってもらえるものです。どのみち、日本で生まれたからには完ぺきなネイティブな英語を習得するのは不可能に近いというものです。ならば、魅力あふれる英語を話して、人間味があり、親しみのある印象を持ってもらった方が良いでしょう。そう割り切ることで、自分の話す英語にも自信が持てるようになり、口からどんどん英語が飛び出して、英語がグングン上達するようになります。例えば、航空会社に勤めるCAは、このことを特に自覚しています。CAで常に英語の上達を試みている人は、自分の魅力を理解し、利用している人も少なくありません。もし、間違った英語を使ってしまった時には、それを「恥ずかしい」「情けない」とネガティブに受け取るのではなく、笑いに変えてしまいましょう。相手は、笑いにできる人なんだという印象を受ければ、相手も話しやすくなり会話が盛り上がることもあるでしょう。でもネガティブにとらえてしまう人だと判断されてしまえば、もうそれ以上触れないでおこうという意識が働いてしまいます。自らチャンスを失ってしまうことは、とてももったいないことです。なんなら、自己紹介の時に、わざと間違って笑いをとるくらいの心構えでいいのです。場を和ませたり、相手を楽しませることができるのは、ネイティブではない日本人にしかできないことなのです。アメリカ人は、笑いをとれる人や笑わせることが出来る人を尊敬します。間違うことを恐れず、それさえもネタにしてしまえば、日本人が陥りがちな英語習得の罠は1つクリアになるはずです。では、間違えたことによって気分を害するような外国人はいないのか?という話になりますよね。もし、不快な表情をされたり、ムッとされていることを感じたなら、その時は、素直に謝ってしまえばいいだけです。言葉や会話は間違いを繰り返さなければ上達しません。もし、この状況が英会話スクールやネット英会話などで起こったなら、すぐに先生を変えてもらいましょう。間違うことを前提としていない先生の下では成長することはできません。「自分がちゃんと話せないから」なんて思う必要は全くないのです。それが英会話スクールに限らず、留学先であっても、そのような人とは少し距離を置いた方が良いのです。人との関わりがある以上、自分と合わない人は、どこにでも存在します。これは言葉が通じるか通じないとかは関係ありませんよね。運悪く自分に合わない人に遭遇してしまったら、そこから逃げて、自分の上達のために必要な人とお付き合いをしましょう。学費などを払っているならなおさらです。もし、やはりネイティブな人といきなり話すのは苦手という方は、自分と同じようなノンネイティブな外国人と会話をしてみると話しやすくなるかもしれません。お互いにその気持ちが理解しあえるはずなので、気持ちが楽になるでしょう。自分の日本語訛りの英語には「かわいい」という自覚を持てば、どんどん言葉を発することができるようになります。決して「格好悪い」ものではないということを、しっかり理解して英語の習得に挑みましょう。それでもやっぱり、壁を越えられない方は、スマホアプリ教材の学習が進めやすいかもしれません。CAも受験の際には利用している人も多いです。人との対面は、英語に慣れてある程度できるようになってからではないと絶対にムリ!という方や時間短縮を目指している方にはお勧めです。