歯並びは美人の条件?ホワイトニングも必須?~美意識の今と昔~

現代の美意識の高い女性は、ホワイトニングや矯正歯科に通い、歯の美しさを極めることに精を出しています。歯は、白く歯並びが良いという価値観に変わってきたのも、そんなに昔の話ではありません。一昔前の日本の習慣として、歯を黒く染めるお歯黒は美人の証であり、歯がより黒いほど「美しい」とされてきました。お歯黒が風習として根付いた理由としては、お歯黒の成分にあります。歯のエナメル質をガードし、細菌から歯を守ることから虫歯になりにくくなるため、理にかなっているわけです。昔の人は、虫歯で命にもかかることも少なくなかったため、美容以上の利点もあったのでしょう。現代では白く歯並びが良いことが美人の条件といっても過言ではありません。研磨剤で歯を削るタイプのものや、漂白成分で歯を白くみせるものまであるくらいです。しかし、このように歯に対する美意識は、日本人は欧米人に比べるとまだまだ低いといわれています。世界を羽ばたく客室乗務員の採用試験では、歯並びを重視することが多く、特に外資系航空会社を受ける日本人は、歯並びという点で苦労しています。少しでも歯並びの悪さをカバーし、美しい歯の印象にするためにホワイトニングを使用する受験生もすくなくありません。歯を見せて笑う習慣がある欧米人と、大きな口を開けて笑うことを下品とされてきた日本人との違いあるといえるでしょう。客室乗務員を受験する女性たちは、笑顔の作り方や、笑い方、第一印象を良く魅せる方法を研究し、受験に挑みます。今後、外国人旅客が増えるにしたがって、歯に対する美意識も変化し、八重歯のある可愛い客室乗務員も減ってしまうのかもしれませんね。お客様に悪い印象を与えないためには、歯に対する美意識が高い外国人を相手にする以上仕方のないことなのかもしれません。航空会社の客室乗務員だけでなく、人前に出る職業や、芸能人、モデルなども、好感度を与えるために、歯並びの矯正やホワイトニングをすることが、当たり前になっていくのかもしれません。もはや、美人の条件は自己満足や少人数のためにあるものではなく、世界中で認められている美しさの条件を手に入れる必要があるそうです。世界中を飛び回り、世界中の旅客に接客する客室乗務員は、それに対応せざるを得ないのでしょう。子どもを持つ母親が、社会に出た際に、少しでも良い条件で独り立ちできるよう、子どもの時から歯科矯正をすることも珍しくなくなってきました。少子化という背景もあることから、1人の子どもにかける費用も昔とは様変わりしていることも関係しているでしょう。ホワイトニングは、歯に着色するわけではなく、化学反応によってエナメル質の色素を分解し、白くするというものです。矯正に比べ費用も安くお手入れができるため、今後は、ホワイトニングケアも、女性の化粧水や乳液のように常識となっていくのでしょう。いつか、飛行機に乗って旅することがあったら、客室乗務員の歯に着目してみると良いかもしれません。歯並びや歯の白さによって、日本の歯に関する美意識が垣間見えるかもしれません。ちなみに、外資系の航空会社にのると、客室乗務員は歯が美しくない人はいないと言われています。日本人の歯に対する美的センスをチェックして、自分がいつから取り組むべきかを考える材料にするのもよいかもしれません。美人の条件の移り変わりを、客観的に楽しむことも、飛行機に乗る際の楽しみの1つになりそうです。

参考:CA受験は歯並びが悪いと不利なのか?